前へ
次へ

紫外線で日焼けする唇美容にUVカット成分配合

肌老化の原因となる紫外線対策は、日焼け止めクリームを塗ることで対処ができます。
常に肌が露出をする顔をはじめ、洋服からはみ出す腕や手にパンツやスカートから見える足も、しっかりと日焼け止めを塗りますが、意外とうっかりしやすいのが唇です。
広い面積の肌の部分にばかり気が取られますが、腕や顔全体と同様に唇も紫外線の影響で日焼けをします。
皮脂腺が無いので潤いや保護のために役立つ皮脂分泌も無く、おまけに顔の中でも皮膚が薄いのも唇です。
日焼けをした唇は美容という面で問題があり、乾燥で荒れるので皮がむけてきたり、カサカサな唇になったりすることもあります。
水分蒸発が激しいのは、皮脂腺が存在をしないためですが、同時に潤いを維持するのも苦手な部位です。
口元美容に気を配るのであれば、お出かけ時の唇ケアには、UVカット成分配合のリップクリームを使うようにします。
帰宅後にはメイクオフをしてから、顔全体のスキンケアと共に、唇にも保湿重視のお手入れをしてあげることです。

Page Top